ショアジギング麺!

釣り初心者。メガネのおっさんがブリを釣り上げるまでの物語。ラーメンも作るよ。

敦賀新港でショアジギング 2018年9月23日 晴れ

会社の同僚たちと、福井県の美浜に泊まりにいきました。

こんな海から近いのに釣りをしない理由はないので、福井県のショアジギングの好ポイントとしてそこそこ有名っぽい敦賀新港に行ってきました。初めての訪問です。

通算6度目のショアジギングです。

 

混みっぷりに仰天

早朝4時半ごろに現地入り。三連休の中日なのもありまあ混んでるんだろうなとは

想像していたのですが、

f:id:road-men:20180924230508j:plain

なんじゃこりゃあ??

釣り場として解放されているフェンス付きの堤防が

人、人、人…テント、テント。夜釣りをしている人もいましたが、半分くらいは何を

するわけでもなく、場所取りをしていて、全く入る隙間がありません。

2m間隔くらいでしょうか?

今4:30ですよね?

 

こちらは2人でしたので、2人分のスペースを確保するのは無理です。

で、すごい釣れそうな立ち入り禁止の堤防があるんですが

 

あ…人いますね。やっぱり。

空いてるし快適そうやなあ。

なかなか立派なフェンスが設置されていますが

どうやって乗り越えたんでしょうか?(有刺鉄線バリバリですが…)

 

乗り越えたい気もしましたが、ちょっとリスク背負いすぎなのでは?

ていうか乗り越える自信なし。やめときました。

 

うーん。このまま帰るのもな〜と思って堤防の反対方向に

釣り場をウロウロ歩いていると、釣り場が終わったトイレの裏側で

四角テトラが並んでいるところがあり下に降りて釣りができそうです。

3人ほど降りてすでに釣りをしていました。

 

 

こ…ここは…ええんやろか??

まあしかたないか…

あまり良さそうな場所には見えませんでしたが

とりあえずテトラ上で釣りをすることにしました。

 

3時間投げ続ける

 

正規の釣り場はそこそこ水深がありそうな感じでしたが

こちらは、なんか浅い釣り場でした。ジグが着水して5秒くらいで底を取れます。

最初バイブレーション(ピンク)からスタートし表層をただ巻き。

あたりは一切なし。

f:id:road-men:20180924230154j:plain

ジグパラ40g(赤金)→根掛かりで殉職

ジグパラ50g(シルバー)

バイブレーション26g(ブルピン)

イワシロケット40g(パープルシルバー)

と手を変え、品を変え投げ続けましたが…

 

あたりすらゼロ。

なにも起こらなかった。

となりのおっちゃんはチヌをつってましたが

(団子投げてました)

 

途中で初めて指を切る。中指。おもくそぶん投げようとしたときでした。

なんでこうなったのか???普通人差し指が切れるはずでは?

f:id:road-men:20180924230619j:plain

結構深くえぐれて痛かったです。

8:00撤収

宿に他の同僚を待たせてましたので

早いですが撤収としました。

とりあえず秋晴れで非常に気持ちがよかったですね。

 

f:id:road-men:20180924230212j:plain

↑こんな感じの場所でした。

僕ら2人がどくと順番待ちをしていたのか

すばやく2人降りてきました。

えええ??こんなしょぼい場所でひょっとして並んでたの??

 

で上の正規の釣り場に戻ったんですが

 

ぐああ。さらに混んでいる。

f:id:road-men:20180924230249j:plain

1m空いてませんね。

 

ほとんどの人はサビキでしたが、ショアジギしてる人もちらほらいて

何匹かサゴシをあげてる人はいました。

やっぱこっちのほうが混んでるけど釣れるんやろうか?

でも。おれこの隙間で楽しめる自信ないよ。投げるたびにお祭りしそうです。

 

あまりの混みっぷりにみんな思い思いの場所で釣ってます。

問題の堤防にも人がわんさかいますね…

f:id:road-men:20180924230354j:plain

カオスっす。

 

うーん。。

 

全然おもんない。

 

とりあえずもう二度と来ないかな。

家から遠いし…そして混んでる…

 

そんな6回目のショアジギングでした。

 

大蔵海岸でショアジギング 2018年9月12日 小雨→曇り

いきなりですが、僕の5回目のショアジギング釣行の記録です。

盆休みからショアジギングの実践を開始し、4回海に出かけました。釣果はツバス1匹。初心者の頃は坊主があたりまえの覚悟はありましたが、ほんとになかなか釣れないんですね…

 

大蔵海岸へ

そしてついに一ヶ月ぶりの釣行。場所は明石の大蔵海岸。インターネットやツイッターで情報を集めている限り、関西ショアジギング業界ではかなり熱い場所のようですね。

場所取りが熾烈とのことなので、仕事は有給休暇。京都市の自宅をAM3:00ごろ出発。4:40ごろに、大蔵海岸へ到着しました。

家族持ちの上、海から離れている僕はなかなか海に行けません。天気予報と潮汐カレンダーとにらめっこし、満を持しての釣行となりました。が…

f:id:road-men:20180912193322p:plain

 

雨降っとるやないか!!

 

最近の天気おかしくないっすか??僕の浅い釣りの知識によると雨の日は海が濁って釣りには不利です。まあ1週間前に台風21号が上陸し、いろんな釣り場が被害が受けた中で大蔵海岸は一応釣りが可能なわけなので贅沢はいえません。気をとりなおして「まあ雨やし空いとるやろ。しかもど平日やし」と釣り場に向かいます。が…

 

結構混んどるやないか!!

 

なんということでしょう。夜明け前の闇夜に電気ウキが5m間隔で並んでいます。

おそるべき大蔵海岸。よっぽど釣れるんですかね??

大蔵海岸のラ・ムーで購入したパンを食いながら、竿やタモを組み立て、ジグをとりつけて夜明けを待ちます。雨は降っていたものの堤防の反り返りが屋根のようになっていて、小雨程度なら濡れずにすみました。一応雨具は着てたんですが。

ちなみに場所は龍の湯うらの中央堤防です。これもネットの情報でここが釣れると

書いてあったのを赤子のように信じて決めたのでした。

 

夜明け

AM5:00すぎ。うっすら空が明るくなってきました。

さきほどまでずらりと並んでいた、電気ウキの人たちがいつの間にやら

だいぶいなくなっています。

そのかわり、1人、また1人とジギングロッドとタモ網を持った男たちが

集結してきました。

アングラーの狙いはやはり朝マズメなんだ。

 

は…はじまる

どきどき

 

すばやく場所を確保して、投げる準備をします。装着しているジグは

プライアル メタルバイブ 26g

ピンクカラーのバイブレーションです。

 

まだ暗いのに隣の男が投げました。

 

開戦だ!!

 

僕もえいやーとキャスティング。

 

真っ暗なのでどこに飛んでるのかさっぱりわかりません。

東の空がどんどん明るくなっていきます。

バイブレーションはただ巻きするのみ。

竿をしゃくる必要がないので楽。

 

ぶるぶるぶるぶる…

 

おおう??なんだ??

 

と思ったら、ジグが震えているだけでした。

だからバイブレーションなんですね。

キスがかかった時よりも震えているので魚がかかったのと

勘違いしそうです。

 

でもピンクのバイブって、単語だけ聞くとめっちゃ卑猥ですね。

 

たしかにこの振動が、魚を刺激するかもな〜

とぼんやり考えながら3投目

 

ぐぐっ!

おお!なんかかかったっぽい。

 

f:id:road-men:20180912193400j:plain

37cmのサゴシでした。

 

このサイズの魚を釣ったのは何気に初めてです。

ていうかメタルバイブすげー。ほんとに釣れんじゃん!

釣り始めて5分も経ってません。これは幸先がよいです。

 

…がこのあと1時間全くあたりなし。

周りも釣れている様子はありません。

 

周囲のアングラーの皆さんもひたすらただ巻きしています。

7〜8人は確認できましたが、ひょっとして全員メタルバイブなの?

 

1時間半経過。6時30分になりました。マズメはそろそろ終わりなのかな?

ここでメタルジグに交換としました。

 

ジグパラ 40g レッド&イエロー

 

明るくなってきたとはいえ、水も濁ってますので色付きが良いだろうと

判断しました。

 

僕が竿をシャクリ始めた頃、周囲もだんだんロッドにアクションを加え始めました。

ただ半分ぐらいの人はまだただ巻きしています。

鉄板バイブ大流行なんですね…

 

2時間経過

 

釣れません。

 

そして周りも誰もつれていません。

このあたりから急に潮の流れが速くなり

右方向に海が川のように流れていきます。

でも潮が動いてる時間が釣れるっていうし

がんばろう。

 

2時間半経過

 

釣れません。周囲も同じくです。

徐々に人が帰っていきます。今日はダメなんですかね?

潮の流れが速くて、ジグが流され。あちこちでお祭りが起こっています。

「すみません」「すみません」とやっております。

 

僕も隣の人にひっかけられました。

 

なんかフックにラインが引っかかって

僕のPEラインが一部ほどけてしまってるように

ほつれていました。

 

うぐ。大丈夫なんでしょうか?でも今からラインをカットしてノットを組み直すのは

超めんどくさい。そのまま続行としました。

 

3時間経過

 

釣れねー!!!

左側から、変な色の潮が迫ってきます。

これを機に爆釣しないかな

f:id:road-men:20180912193449j:plain

 

でもやっぱりつれません。単にさらに潮が濁って

うねりが強くなり、釣りにならなくなってきました。

 

人もどんどん帰ってしまい

だいぶ広大なスペースを独占しています。

 

移動するか…

 

このまま粘って、回遊をまつのか迷いましたが

AM8:20分

楽しみにしていた大蔵海岸は小さめのサゴシ一匹に終わり

撤退。

 

気になるポイントの下見

 

神戸方面にも結構良さそうな釣りのポイントがあるらしいので

せっかく来たので、下見しながら釣ってみることにします。

 

ポートアイランド北公園

 

f:id:road-men:20180912193504j:plain

AM 9:00

ポートアイランドの橋の麓の公園が釣りスポットになっています。

水が汚え。

やはり都会に近づくと海の色ってこんなもんなんですね。

そしてめっちゃ空いてる。まあ平日のこの時間だしな…

 

シーバスなどもつれるらしく確かに雰囲気はありました。

ここも潮の流れが速くて川になってました。

40分ほど、メタルジグを投げましたが全く反応なし。

となりのおじさんが結構いいサイズのサバを釣っていました。

 

神戸空港ベランダ

f:id:road-men:20180912193648j:plain

 

AM 10:00

そのままポートアイランドを南下し神戸空港へ。

ここは魚影が濃いことで有名と聞きました。

確かにつれそうな雰囲気ありますね。

 

先行釣り人はわずか2人。狭いと聞いていましたが

結構広大なスペースに見えました。

正直大蔵海岸より広いのでは?

 

ここでも試しに、メタルジグを投げます。お気に入りの

ジグパラ 30g ピンク です。

 

ぶつっ

 

大蔵海岸でのアクシデントを放置してた結果

ラインがきれて、ジグパラピンクは海の藻屑へと消えました。

そして何がどうなったのか、スプールのラインが

結び目だらけになりぐちゃぐちゃに。

もともとPEを200m巻いていましたが、ラインが切れたのもこれで3回目。

もう軽く100m以上切れたっぽく、下糸が見えてきていました。

 

だ  ダメだこりゃ。

終了。

AM 11:00

 

振り返って

 

会社を休んでまで来た釣行でしたが、まあ現実はこんなもんかという釣果。

釣れただけ良しとするしかないですね。

(ショアジギングやってる人で僕以外の人が釣れてる場面に出くわさなかったので)

やっぱ気分もいいしあとは晴れた日に釣りしたいですね。

 

京都に戻って大蔵海岸をキーワードにツイッターをみてると

つい1日前にこんな投稿が

 

f:id:road-men:20180912194039p:plain

見事なブリ右衛門。

ぐああ。昨日にすればよかった。

まあ青物は回遊するのを待てば、昼間でも釣れるらしいので

大蔵海岸でもっと頑張るのが正解だったのかもなと思いました。

 

ブリを釣る日はいつになるんでしょう。

とりあえず贅沢言わないのでまずはハマチを釣りたいな…

 

 釣った魚を始めて刺身にしました。

f:id:road-men:20180912193825j:plain

f:id:road-men:20180912193834j:plain

今まで小魚しか釣ったことがないので

いつも唐揚げか、塩焼き、煮付けのどれかなんですよね。

ちょっと感動。

 

味はまあ普通でした。包丁さばきうまくなりたい。

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潮汐

齢40にてショアジギングをはじめる。

大物を釣りたい

僕には子供が2人いて、初夏〜秋の間にたまに釣りに連れて行くのですが、サビキ釣りやチョイ投げなどあくまでファミリーフィッシングというやつです。

釣果はまちまちですが、豆アジが100匹以上釣れる場合もあれば、キスやカサゴ、こっぱグレ。ちっさいキジハタなどがつれることもあります。まあ子供も喜びますし、料理してもそこそこ食えるのですが、やっぱり基本小魚なんですよね。

僕が自発的に釣りをやっていたのは中学生のころで、基本的にはそのときの知識で釣りを続けていました。そのときもやはり釣れるのは小魚でした。まあ素人が釣りをしてもぶっちゃけこんなもんなんだろーなーと思っていました。

 

でもなんども釣りに行くうちに、子供も僕も小魚釣りに飽きてきました。堤防で釣りをしていてもたまに、でっかいチヌ(黒鯛)を釣り上げるおじいちゃんなどを見かけます。

 

f:id:road-men:20180823225228j:plain

ああ。こういうのやりたい。

 

ふつふつと欲求が湧いてきました。

とにかくでっかい魚が釣りたい…

子供も嫁も大喜びし、みんなで刺身を食べたい。

 

ショアジギングを知る

 

しかし。でっかい魚を釣るといっても何を釣るのか?いまいちイメージが湧きません。

まず最初に思ったのは、堤防でよく見かけていたチヌ釣りでした。

ただ、箱いっぱいに撒き餌を練り、海にポイポイ放り込んで、他に用途がなさそうな異常に長くて柔らかい竿を操り、息をひそめ、狙いすましてチヌを狙うそのスタイルが

めちゃめちゃ面倒くさい釣りに見えました。

 

もっと簡単な装備で、めちゃくちゃでかくて、美味しい魚が釣れる方法は無いのか?

 

夜な夜なインターネットで調べていたところ、Youtubeで堤防からブリを釣る動画を見かけました。

 

www.youtube.com

⇧そう「釣りよか」です。

 

なんじゃこりゃ!??

堤防でブリ???

僕の中でのブリは漁船に乗り、冬の荒波をかき分け沖に出て、それでやっと捕らえることが可能な魚です。そして味は一流。僕も僕の家族も大好物の冬のご馳走ではないですか?

 

そのブリをつっていた手法こそ

ショアジギングだったのです。

 

これだ!!

俺が求めていたのは!!

 

先生!僕ショアジギングがやりたいです。

 

ショアジギングとは?

 

簡単にいうと、メタルジグという魚を模した針がついた鉛のルアーをおもくそ海にぶん投げて、リールを巻きながらひたすら竿を振り続ける…そしてまた投げる。繰りかえし。

超シンプル。

 

ロードバイクでひたすらペダルを回し続けてた僕にぴったりではないのか?

まるでスポーツじゃないですか?

 

僕は自転車レースのために購入した、決戦用カーボンディープリムホイールをヤフオクに出すことを決め。そのお金で釣竿とリール。その他必要な道具を買い揃える決心をしたのでした。 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実食!マー油豚骨醤油ラーメンを作る

ちょっと前に試作した

road-men.hatenablog.com

を豚骨ラーメンにして試してみました。

なんつっ亭に習って、もやし入りです。

 

f:id:road-men:20170309233846j:plain

【ラーメン構成】

豚骨スープ 150cc

・ラード 30cc

醤油タレ 30cc

・自家製麺 150g

・バラ焼豚 適量

・もやし 適量

・ネギ 適量

・メンマ 適量

・煮卵

・のり

・マー油 適量

 

【実食】

いただきまーす。

むむむ。

f:id:road-men:20170309234457j:plain

旨い!

 

マー油ですが単独だと苦いだけでしたが

ニンニクの香ばしさとジャンキー感がいい感じで

がつんときます。

 

結構衝撃的に旨いです。

 

若干力弱い印象だったスープをしっかり補完し

文句なしのパンチ力があります。

f:id:road-men:20170309234514j:plain

なるほど。こりゃすげーや。と思いました。

 

ただ子供達には「脂っこい」と大不評。

全部食べてもらえませんでした。

 

ちょっとラードが多かったかなあ…

確かに胃にはもたれる。そんなラーメントライでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製!中華麺の作り方(パスタマシン編)

ラーメンの自作を始めてから、製麺用に

MARCATO パスタマシン アトラス 150

というのを使っています。

 

f:id:road-men:20170305173016j:plain

これの他に小野式製麺機というヤフオクで購入したごっつい製麺機も持ってるんですが

量が少ない場合。またそこそこ高加水の場合は、別に小野式を使わなくても麺が作れるのもあって、ここ1年ほどはほぼアトラスで製麺を行っています。

麺の厚みをダイヤルで調整してしっかりと管理できるのも良いところです。(小野式は目視なので…)

僕が使っているものは2mmと3.5mmの切り刃がついています。これに1mmのアタッチメントを買い足して3種類の太さで製麺を楽しんでいます。 

アトラスのパスタマシンでの中華麺の作り方を一度まとめました。

 

材料

・春よ恋(準強力粉) 300g ※1

・液体冠水 15cc

・水 105cc ※2

・塩 3g ※3

(加水率41%)

 

f:id:road-men:20170305173026j:plain

※1

中華麺は強力粉を使うことが多いです。うどんは中力粉です。

中と強の何が違うのかというと、小麦粉に含まれている蛋白量が違います。

蛋白量が多いと、生地にしたときの粘りやコシがつよいです。

春よ恋の蛋白は12.0%前後です。

あとは灰分というのもあり、麺にしたときの色や歯ざわりに影響があります。

灰分が少ない方が高級小麦とされます。(栄養価は灰分が多い方が良いらしですが…)

春よ恋の灰分は0.45%前後です。

小麦粉の銘柄は味と風味に直結するので、

美味しい麺を作りたいなら小麦粉は良いものを使いましょう。

 

※2

中華麺は水だけでなく「かん水」を混ぜたものを小麦粉に混ぜて作ります。

かん水はアルカリ性の水溶液で重曹と成分が似ています。

入れることによって中華麺特有の麺のコシと黄色い発色。

重曹臭ともいわれるような独特の風味が加えられます。

 

※3

一般に製麺する場合は小麦粉と水にさらに「塩」を加える場合が多いです。

塩を入れることによって生地を締める効果があるらしいですが、

なくても正直大丈夫です。

手打ち麺など加水を多くしないと作業しにくい場合、

コシを出すのに塩を多めにして茹で上がりのコシをカバーしたりします。

(なので手打ちうどんは塩分多めのレシピが多いです。)

製麺機を使う中華麺の場合は塩分は必要最低限でかまいません。

僕はいつも1%にしています。

 

※4

小麦粉の重量に対して水(水+かん水+塩)の重量をどのくらい加えるかが「加水率」です。40%前後が扱いやすいように感じます。

博多ラーメンの麺は極端な低加水率で30%前後です。バリッとした歯切れの良さと小麦の風味を重視した配合です。(逆に言うと粉っぽい)

つけ麺の麺などは高加水率で43%前後が多いです。つるつるモチモチとした食感を重視する配合です。

 

1 材料をきちっと測る

 さて、さっそく麺の作り方です。達人なら話はべつですが、製麺するときは1g単位できちっと分量を計ることが重要です。勘でやるのは論外です。

f:id:road-men:20170305173023j:plain

f:id:road-men:20170305173000j:plain

加水率は1%違うだけで、生地の雰囲気は結構変わります。プロは季節によって加水率を変えているようです。これは気温や湿度によって同じ加水率でも生地のまとまり感が変わるからです。

夏はべっちょりしがちなので、加水は少なめにします。

逆に冬は生地が固くなりがちなので、加水を多めにします。

 

2 水まわし

「かんすいと水と塩」をよく混ぜたものを、小麦粉になじませていきます。

水まわしの目的は「すべての小麦粉1つぶ1つぶの水分量を均等にすること」です。

なのでいきなりここでグイグイ生地にしようとするのはご法度です。

小麦粉を下から手で巻き上げながら、少しずつ水をまわしかけて「均等に」水分を配分していく意識で作業します。手にくっついた生地はまめに引き剥がして、生地に戻し、ボウルのふちにはりついた小麦粉も一粒残らず生地に入れ込む意識で撹拌します。

理想はパン粉のような状態にすることです。

f:id:road-men:20170305173003j:plain

 

3 生地をねかす

 水まわしが終わったら、全部ジップロックに入れて、生地が乾かないように密封して

最低30分放置します。

 

水回しで一生懸命水を均等に配分しましたが、ここからさらに浸透圧の法則を利用して水分を隅々まで行き渡らせるためです。

 

4 足踏み1回目

 

f:id:road-men:20170305173006j:plain

パン粉状の生地を一度一つにまとめます。ジップロックを一部あけて、空気の逃げ道をつくり、口の反対側から徐々に足で踏んで生地にしていきます。ペタンコになったらジップロックの蓋を再び閉じて、簡易の真空パッキングに仕上げます。

 

5 再度寝かせる

 

f:id:road-men:20170305173008j:plain

一応この段階でまとまった生地になっていますが、一部が白っぽく水がぬけたような色になります。ここからさらに寝かせると生地のまとまり感がUPし、あとから行う製麺の工程がやりやすくなります。1時間は寝かせたいところ。色も均等な薄黄色になります。

 

6 足踏み2回目

 

f:id:road-men:20170305173011j:plain

ジップロックから生地を取り出して、折りたたんでからまたジップロックにもどし、上から足で踏みます。ペタンコになったらまた折りたたんで、ジップロックに戻し上から足で踏む…を3回ほど行います。

 

7 適当なサイズに切り分ける

いよいよパスタマシンを使う準備をします。パスタマシンに通しやすいサイズに生地を切り分けます。300gの小麦粉の場合は2等分くらいで十分です。

 

f:id:road-men:20170305173017j:plain

8 綿棒でなるべく平らにする

さらに生地を綿棒でなるべくうすっぺらく伸ばします。これをやっておかないと、パスタマシンの負荷が高くて壊してしまったり、麺のグルテンを破壊していまい生地がブチブチと切れる原因になります。結構重要な工程です。

 

9 メモリ「0」でローラーにかけていく

 

2本の生地をそれぞれメモリ「0」でローラーにかけます。

 

f:id:road-men:20170305173020j:plain

10 メモリ「1」「2」「3」順番にローラーにかけていく

 

さらに1⇨3まで順番にローラーにかけていきます。メモリは1つづつ狭めていくことが大切です。メモリをとばすと圧力が高まりすぎて、グルテンが切れてしまい、生地がボロボロになる原因となります。

 

11 生地を合体させる

 

「3」メモリまで薄く伸ばした生地2本を手でグイグイおして合体させて

 

f:id:road-men:20170305172940j:plain

メモリを「0」に戻したパスタマシンに再度通していきます。

 

f:id:road-men:20170305172945j:plain

12 メモリ「1」「2」「3」順番にローラーにかけていく

 

また徐々に薄くのばしていきます。手順9⇄11を繰り返して

綺麗な麺帯になるまで繰り返します。

水回しと寝かしがうまくいってれば2セットくらいで終わるはずです。

 

13 麺帯を任意のうすさまで伸ばします

 

ここから、はじめてメモリ「5」くらいまでうすく伸ばします。

今回は中太の麺をつくるので「5」ですが、つけ麺なら「3」

うどんだったら「1」で仕上げればOK

 

f:id:road-men:20170305172947j:plain

13 麺帯を適度な長さに切る

任意の長さに麺帯をカットします。あたりまえですがこれで麺の長さが決まります。

 

14 パスタマシンで麺にカット

緊張の瞬間です。今回は2mmの切り刃を使用しました。

 

f:id:road-men:20170305172951j:plain

15 完成!

できました。

f:id:road-men:20170305172956j:plain

打ち上がった麺はくっつかないように、打ち粉にまぶしておいておきます。僕は打ち粉は持ってないので片栗粉を使用します。コーンスターチでもOKです。

 

f:id:road-men:20170305172958j:plain

プロの製麺の場合ここから最低一晩寝かせてから出荷するらしいですが、せっかく自分で作った麺なので、すぐ食べることをお勧めします。

打ち立ての麺は小麦の香りがすごくいい匂いで、コシもあり、市販の麺など食べる気もしないくらい素晴らしく美味しい麺になっています。

 

冷蔵庫で4日ほどは持ちますが、冷凍したら1ヶ月程度はもちます。僕は作り過ぎたら迷わず冷凍しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味付煮玉子の作り方

ラーメンのトッピングとして定番の

味付煮玉子!

 

簡単に作れますので作り方を紹介します。

 

材料

・生卵

 

・焼豚のタレ

 (醤油2:酒1:みりん1:ザラメ適量を

  一煮立ちさせてアルコールを飛ばしたもの)

 

手順

沸騰したお湯に卵をお玉にのせてそーっと湯に入れます。

※上から投げ入れるとヒビが入りますので厳禁。

 

f:id:road-men:20170226180250j:plain

そのまま7分半〜8分間茹でます

 

お湯を捨てて冷水を入れます。

これをやると皮が剥きやすくなります。

 

皮をむいた卵をタレに漬け込みます。

f:id:road-men:20170226180308j:plain

1日程度。ジップロックで漬け込むと

タレが少なめでも大丈夫。

 

f:id:road-men:20170226180315j:plain

完成。中はトローり。

おなじみの味付煮玉子の完成です。

 

 

f:id:road-men:20170226180324j:plain

 

 

マー油の作り方

マー油って知ってますか?

 

馬油ではありません。マー油です。

 

先日出張で品川を経由したのですが、品川駅のそばにあるの麺達

(ラーメン屋が数店舗集結しているスポット。京都ラーメン小路の品川版)にて

なんつっ亭の豚骨ラーメンを食べました。

 

ほんとは蒙古タンメン中本に行こうと思っていたのですが

ものすごい並んでて諦め、そういえばこんな店もあったなと思い入ったのが

「なんつっ亭」

正直あまり期待していませんでしたが。

f:id:road-men:20170220143707j:plain

食べログより写真を拝借

おっ!

すげー旨い!

 

しっかりと取られた豚骨スープに

この黒いニンニク感溢れる謎の液体が合う!食欲をそそる。

 

いいじゃないですか。

 

最近京都ではこの手の豚骨ラーメンはほんとに見かけなくなったので

このギトットしたベタな若者向け豚骨ラーメンは久々で

すごく新鮮に感じました。

 

そうこの黒い謎の液体。これこそがマー油です。

そういえばマー油を作ったことないな。

 

先日作ったちょっと物足りない豚骨スープも

これがあれば、一皮むけるかもしれん。

インターネットで調べると数は少ないですが一応レシピが載っとる。

 

いっちょ作ってやろうと思ったのでした。

 

材料

にんにく 1と1/2個

ねぎ   適当

玉ねぎ  1/8個

 

ラード100mm

キャノーラ油100mm

ごま油100mm

 

f:id:road-men:20170221232432j:plain

1 野菜類を細かく刻んで乾燥させる

 

野菜類に水分が残っていると失敗するとの情報を得たので

野菜類を細かく刻んで皿に広げて

浴室乾燥機で3時間乾燥させました。

 

f:id:road-men:20170221232719j:plain

からっからになりましたが

風呂場の匂いのこもり方が尋常ではなく

嫁になんといわれるか非常に心配になりました。

 

2 油を中華鍋に入れて加熱

ラードは焼豚を作ったときにとれたもの。

ちょうど100mm余ってたので使いました。

とりあえず油全部を中華鍋で加熱し

 

f:id:road-men:20170221232453j:plain

3野菜を全部投入

中火と弱火の間でいきます。

 

f:id:road-men:20170221232503j:plain

4 何段階かにわけて野菜を上げていく

 

えーと。いまいち理屈はわかりませんが

きつね色⇄真っ黒焦げ

の間で最低でも3段階の揚がり具合で

野菜を油から上げていき

最低3色のカリカリニンニクを作成する必要があります。

 

なんつっ亭では7段階で分けているようですね。

 

ちょっと目を離していると

一瞬で黒くなってしまい

実質2.5段階くらいになってしまいました。

 

f:id:road-men:20170221232519j:plain

また、最終の真っ黒を作成中

煙がもくもくと立ち上り

 

f:id:road-men:20170221232529j:plain

「これ以上行くと火がつくのでは??」

 

という恐怖感から炭化するところまでは攻めきれませんでした。

マー油ごときのために

ローンがたっぷり残った我が家が全焼してはシャレになりませんからね。

 

5 すりこぎでゴリゴリ

f:id:road-men:20170221232554j:plain

とりあえず野菜だけをゴリゴリとすりつぶしていきます。

事前の乾燥作業が功を奏したのか、完全にカリカリに揚がっていて

簡単に粉になっていきます。とりあえずうまくいきそうです。

 

6 油を追加してゴリゴリ

だいぶ粉になったなーという段階で揚げ油を混ぜます。

さらにゴリゴリと細かく砕ききます。

 

7 完成

f:id:road-men:20170221232605j:plain

おー。出来た。一応完成しました。

 

味見をしましたが。

ぐっ!!苦い!!

 

なんだこれは??

やはり全体に黒い方に寄せすぎたんでしょうか?

 

大丈夫か??