ショアジギング麺!

釣り初心者。メガネのおっさんがブリを釣り上げるまでの物語。ラーメンも作るよ。

齢40にてショアジギングをはじめる。

大物を釣りたい

僕には子供が2人いて、初夏〜秋の間にたまに釣りに連れて行くのですが、サビキ釣りやチョイ投げなどあくまでファミリーフィッシングというやつです。

釣果はまちまちですが、豆アジが100匹以上釣れる場合もあれば、キスやカサゴ、こっぱグレ。ちっさいキジハタなどがつれることもあります。まあ子供も喜びますし、料理してもそこそこ食えるのですが、やっぱり基本小魚なんですよね。

僕が自発的に釣りをやっていたのは中学生のころで、基本的にはそのときの知識で釣りを続けていました。そのときもやはり釣れるのは小魚でした。まあ素人が釣りをしてもぶっちゃけこんなもんなんだろーなーと思っていました。

 

でもなんども釣りに行くうちに、子供も僕も小魚釣りに飽きてきました。堤防で釣りをしていてもたまに、でっかいチヌ(黒鯛)を釣り上げるおじいちゃんなどを見かけます。

 

f:id:road-men:20180823225228j:plain

ああ。こういうのやりたい。

 

ふつふつと欲求が湧いてきました。

とにかくでっかい魚が釣りたい…

子供も嫁も大喜びし、みんなで刺身を食べたい。

 

ショアジギングを知る

 

しかし。でっかい魚を釣るといっても何を釣るのか?いまいちイメージが湧きません。

まず最初に思ったのは、堤防でよく見かけていたチヌ釣りでした。

ただ、箱いっぱいに撒き餌を練り、海にポイポイ放り込んで、他に用途がなさそうな異常に長くて柔らかい竿を操り、息をひそめ、狙いすましてチヌを狙うそのスタイルが

めちゃめちゃ面倒くさい釣りに見えました。

 

もっと簡単な装備で、めちゃくちゃでかくて、美味しい魚が釣れる方法は無いのか?

 

夜な夜なインターネットで調べていたところ、Youtubeで堤防からブリを釣る動画を見かけました。

 

www.youtube.com

⇧そう「釣りよか」です。

 

なんじゃこりゃ!??

堤防でブリ???

僕の中でのブリは漁船に乗り、冬の荒波をかき分け沖に出て、それでやっと捕らえることが可能な魚です。そして味は一流。僕も僕の家族も大好物の冬のご馳走ではないですか?

 

そのブリをつっていた手法こそ

ショアジギングだったのです。

 

これだ!!

俺が求めていたのは!!

 

先生!僕ショアジギングがやりたいです。

 

ショアジギングとは?

 

簡単にいうと、メタルジグという魚を模した針がついた鉛のルアーをおもくそ海にぶん投げて、リールを巻きながらひたすら竿を振り続ける…そしてまた投げる。繰りかえし。

超シンプル。

 

ロードバイクでひたすらペダルを回し続けてた僕にぴったりではないのか?

まるでスポーツじゃないですか?

 

僕は自転車レースのために購入した、決戦用カーボンディープリムホイールをヤフオクに出すことを決め。そのお金で釣竿とリール。その他必要な道具を買い揃える決心をしたのでした。 

 

続く